プロテインをホットミルクで飲むと恐ろしく不味いらしい……

プロテインをホットで飲むと意味がないらしい…!?

2018年現在、男性だけではなく女性の間でも話題になっているプロテイン。
筋トレやボディメイクということばが女性のあいだでも流行しているのはもちろん、置き換えダイエットとしてプロテイン飲料を飲む女性も増えてきました。

そんなプロテインですが、冬の寒い季節や、夏の冷房がかかっている部屋で飲もうとすると「寒い」というのはよく聞かれる悩みです。
今回はそんなときにプロテインを温めてもいいのか、ホットミルクのような温かい飲み物に溶かして飲んでも効果は変わらないのかといったところに切り込んでいきたいと思います。

プロテインをホットミルクに溶かしても、効果に大きな変化なし

熱フライパン火

さっそく結果から言ってしまいますが、水に溶かしたプロテインを温めたり、ホットミルクに溶かしたとしても、その効果に大きな違いはありません。

むしろ、プロテインを温めて飲むことで体温を上げるサポートができるというメリットもあります。

  • 体温を上げることは
  • 基礎代謝を上げること
  • 免疫力を上げること
  • 消化吸収能力を高めること

につながっています。
また、温めることで消化吸収の速度がゆっくりになるので、満腹感を少しでも感じたいという人にもおすすめです。

今日は肌寒いな……と思った日は無理をして冷たいプロテインを飲むのではなく、プロテインを温めて体を内側から温めましょう。

プロテインをホットミルクに溶かさないほうがいい3つのパターン

このように体温を上げるのに一役買ってくれるホットプロテイン。
しかし、その効果に「大きな違いは」ないとご紹介したとおり、プロテインを加熱することによるデメリットも実はあります
「何も知らずにプロテインをホットミルクで溶かしたら、不本意な結果になってしまった(´・ω・`)」
そんな残念なことにならないように、ここからはプロテインをホットにしないほうがいいシチュエーションを3つご紹介いたします。

1:ホエイプロテインを飲んでいて、ダマになったり味を損ねたくない場合

フレッシュプロテインの牛乳割りは本当に美味しい?

まずは、あなたが飲んでいるプロテインの”種類”を確認してみてください。「ホエイプロテイン」と書かれていませんか?
もし、「ホエイプロテイン」と書かれているようであれば、ぬるめ(40~50℃程度)のお湯や牛乳にプロテインを溶かすようにしましょう。

これにはプロテインの種類による”熱変性”という性質が関係しています。
熱変性とは、生卵を温めるとゆで卵になったり、水を100℃まで温めると水蒸気になるように「熱を加えることで、熱を加える前と加えたあとの物体の性質変わること」です。
ホエイプロテインは、この熱変性が70℃前後から始まるのですが、性質が変わってしまうことでダマになりやすくなって、風味も変わってしまいます。
「ホットミルクでプロテインを飲んでみたけどなにこれ不味い!」
となってしまう理由はこの熱変性によるものです。

「アツアツのホットプロテインを飲みたい!」
という場合は、ホエイプロテインではなく熱に強いガゼインプロテインやソイプロテインを温めるようにしましょう。
ただしソイプロテインを温める場合、熱変性による変化は起こりにくいものの、大豆特有の香りが強くなってしまうことは留意しておきましょう。

2:美容目的でビタミン入りのプロテインを飲んでいる場合

ビタミンフルーツ野菜

次に気を付けたいのがダイエットや美容目的のプロテインを置き換えている場合です。
主に女性用につくられているダイエットや美容目的のプロテインの多くは、先ほどの熱変性に強いソイプロテインを主な原料にしていますが、それとは違った”温めないほうがいい理由”があります。
それは、美容・ダイエット用のプロテインに含まれているビタミン成分が、温めると壊れてしまうからです。

特に、「筋肉を落とさず、健康的にダイエットをする」ことが目的のプロテインで重要な役割をするビタミンB6やビタミンCは熱に弱いのです。
ビタミンが入っているプロテインを飲んでいる人は、ホットにする前に成分を確認しましょう。
そして、もしビタミンが入っているようであればさきほどのホエイプロテインと同じようにぬるめのお湯やホットミルクに溶かすようにしましょう。

3:筋トレのあとにプロテインを飲む場合

女性筋肉筋トレ運動トレーニング

最後にご紹介したいのが筋トレ後の栄養補給のためにプロテインを飲んでいるという場合です。

プロテインを温めて飲むことのメリットとして「消化吸収速度をゆっくりにしてくれる」という話を少ししました。
たしかにこの特性はプロテインを使って置き換えダイエットをしたい人にとってはうれしいポイントなのですが、筋トレ後に一刻も早く栄養補給をするためにプロテインを飲んでいる人にとってはデメリットに変わります。
これはプロテインの種類に関係なくいえることです。
筋トレ後にプロテインを飲んでいる場合は、冬場は少し寒いかもしれませんがホットにするのは我慢して、冷たい状態で飲むようにしましょう。

ホットプロテインは飽きない程度に、上手に利用しよう

ホットプロテイン

今回は、プロテインをホットミルクに溶かしたり温めて飲むことについて、

  • プロテインを温めること自体はほぼ効果に変化はないので安心してほしいということ
  • むしろ代謝を上げたり、消化吸収速度がゆっくりになるのでダイエット目的で飲むときにはメリットもあること

をお伝えしました。

しかし、

  • ホエイプロテインを飲んでいる場合
  • プロテイン以外にビタミンが入っている美容やダイエット目的のプロテインを飲んでいる場合

については、熱を加えることによって、たんぱく質やビタミンの性質が変わってしまったり、それ自体が壊れてしまう可能性があるので、ぬるめのお湯に溶かすのがおすすめなこと、さらに

  • 筋トレ後にプロテインを飲んでいる場合

は、栄養素の吸収速度が遅くなってしまうので冷たいままで飲むのがおすすめなことも伝えました。

プロテインウーマン.comでは、今後もプロテインに関する情報をお伝えしていきます!
これからの女性は、当たり前のようにプロテインの知識を持っているはずです。

周りにいる女友達に置いていかれないためにも、今のうちからプロテインの知識を付けておきましょう!